So-net無料ブログ作成

求人 [所長の部屋]

NPO法人活動ホームしもごうでは、現在男性の正職員・非常勤職員を募集しております。

これまで職員採用はおもにハローワークや県社協の人材センターといった公的な機関を通じて募集しておりました。あとは縁、それに求職者のガッツなどが頼り。

しかし、このたびいわゆる一般の求人情報サイトを使ってみることになり、その要項を先方の指定する様式で作っています。で、その中には当然『こんな仕事ですよ』とか『こんな職場ですよ』とかをPRする欄があります。しかもコンパクトに、キャッチ―に。

 これが難しいのなんの。四苦八苦です。『支援』?『お手伝い』?『補助』?『やりがい』?『手ごたえ』?

これって実は自分の仕事についてどれくらい深く考え、分かろうとのしているかリトマス試験紙なのではないかと思います。もちろん、ある程度長いあいだ現場にいるものとして、この仕事ってこういうことだよな~というエッセンスみたいなものは何となく自分に内在していますが、それっていうのはやっぱり山あり谷あり(崖あり)、七転(八倒)八起きのなかでちょっとずつ生成されてきたもので、それをパッと言語化したところでさっぱりピンと来ないしイメージもわかない。

たとえば『楽しい仕事』。この仕事はとても楽しいと思います。でも、それは“飲み会が楽しい”とか“古着屋めぐりが楽しい”とかっていうルンルンした楽しさとは違うわけで、あまつさえ局面においてはルンルンとは正反対のこともしばしば(多々)ある、もちろんルンルンした楽しさも時に訪れる、そういったことすべてを含めてルンルンとはちょっと違う意味で楽しいと感じるわけです。『楽しい仕事です』という言葉ではその機微は到底表せないわけで。

ましてや『支援』なんていったら、もうそのまま禅問答に突入です。炎上です。

そういうわけで、わずか50文字のお仕事紹介ができなくて呻吟しています。そしてふと思い出すと、9月30日には就職フェアがあって、そこでわたくしはこの仕事の魅力ややりがいについて語ることになっているのです。こんなことで、果たしてそのお役目が務まるのでしょうか。

 

というわけで、もしもこのブログを読んでくださっている同業の方がおられたら、この仕事についての①説明②アピールポイントをコンパクトに、キャッチ―に表現せよというお題に解答例をお寄せください。コメント欄で。もしくはメールで。

 

同業の方でなくても結構です。 


nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 3

荒木 傑

横浜北部で、主に、重度重複障害者の日中活動を支えてきました。生活支援を主に行う職員の雇用に伴い、地域の障害児者の生活支援や地域支援に力を入れています。法人は職員育成と、事業拡大を謳った3か年計画を立てました。HPでご確認ください。ブログでは日中活動の様子が見られます。自分が法人の未来を考えるという意欲の方を待っています。

私が自分の職場にために書きました。
無意識に勢いで書いたけど、
確かに考えれ考えるほど難しい。
求人者にとって勢いだけでも伝わればいいなあ。
でも、なんのことだかわからないかも。
by 荒木 傑 (2012-09-03 14:35) 

荒木 傑

あっ 50字じゃなかった
by 荒木 傑 (2012-09-03 14:37) 

第2しもごう

荒木さん、ありがとうございます。
『自分が法人の未来を考える』。大事な姿勢と思います。個人的には常勤職員の採用の基準としているのがまさにこれで、『(機会があるかどうかは別として)いずれはトップとして現場を担いうる資質があるか』。まあ、自分がこの基準に照らしてどうかっていうのは置いといて・・・
by 第2しもごう (2012-09-04 11:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。